メタボリックシンドロームとは

肥満症や高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病は、
内臓に脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満)が原因になることが分かってきました。
このように内臓脂肪型肥満によって、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態を
『メタボリックシンドローム』といい、治療の対象となっています。

 

 

メタボリックシンドロームの診断基準

米国高脂血症治療ガイドラインによるメタボリック・シンドロームの診断基準は、
下記5項目のうち3項目が該当するとメタボリック・シンドロームと診断されます。

 

1.ウエスト(腹囲)が男性で102cm以上(日本人では85cm以上)、女性で88cm以上(日本人では90cm以上)
2.中性脂肪が150mg/dl以上
3.HDLコレステロールが男性で40mg/dl未満、女性で50mg/dl未満
4.血圧が最大血圧で130mmHg以上または最小血圧で85mmHg以上
5.空腹時血糖値が110mg/dl以上

 

 

メタボリックシンドロームの予防

カロリーを抑制した食事を取り、三食同じ時間に規則正しく食事をとり、
体重減少のために、適度な運動を毎日30分以上(最低10分以上)行うようにしましょう。
ウエスト(腹囲)、中性脂肪、血圧、血糖値を減らし、禁煙するよう努力しましょう!

 

メタボリックシンドロームは、生活習慣の改善や、無理のダイエットなどで予防することができます。
無理をしないで、継続することが大切です。