リン脂質とは

リン脂質は、リン酸エステル,ホスホン酸エステルを含む脂質の総称。
このリン脂質は、主に必須脂肪酸からできています。

 

糖脂質やコレステロールと共に細胞膜の主要な構成成分。
生体の膜の重要な成分で細胞の各種の膜などに分布しています。
細胞膜を正常に保ち細胞膜の透過性を維持するのが主な役割。

 

また、生体内でのシグナル伝達にも関わっています。

 

食品加工では乳化剤として利用されています。