マクロファージとは

マクロファージとは、血液細胞の一種。
血液中や体内でほとんど全ての異物を取り込んで消化するとともに、それらの異物に抵抗するための免疫情報をリンパ球に伝える貪食細胞。

 

 

例えば、活性酸素によって酸化された悪玉コレステロールは体内で異物とみなされます。
その異物を取り除き、脂肪を守ろうとする働きを持つのがマクロファージ。
マクロファージは、悪玉コレステロールを取り込んで消化してくれるのです。

 

ただマクロファージが、悪玉コレステロールを大量に食べ過ぎると飽和状態になり、
泡沫細胞とよばれる物質になって、血管の壁にへばりついてしまいます。