糖尿病とは

膵臓で作られるインスリンというホルモンが不足、またはその作用が妨げられて血糖が異常に増加する病気。

 

食物として取り入れられた栄養素が体の中でうまく利用されないために、
血液の中に含まれるが異常に高くなっている状態です。
血液の中に入ったブドウ糖が、筋肉や脂肪細胞にエネルギー源とし入れないことが原因です。

 

結果、余ったブドウ糖は尿から流れ出ます。
これが病名の由来となっています。

 

 

ブドウ糖を血液中に一定に保つために、必要なだけ筋肉や脂肪細胞に取り入れるようにコントロールしているのが、すい臓から分泌されるインスリンというホルモン。
そのインスリンがすい臓から分泌されない、あるいはその量が不足している、逆に必要以上に分泌されているのに十分に作用しないなどさまざまな原因で慢性的に血糖値が高くなるのが糖尿病です。

 

 

糖尿病の症状

血糖は脳や筋肉などの様々な細胞で利用され、エネルギー源として働きます。
糖尿病は、初めのうちはほとんど症状が無いことです。
知らない間に進行し、合併症が出現して初めて気がつくことということもよくあります。
病気が進行するとだるさ、のどの渇き、体重減少、食欲亢進、多飲・頻尿などの症状が現れます。

 

また、放っておくと、血管障害や神経障害などの重大な合併症が起こります。
特に細かい血管の集まっている眼や腎臓は障害を受けやすく、
糖尿病特有の合併症(網膜症、腎症)を引き起こします。

 

糖尿病になって、透析が必要になったり、眼が見えなくなってしまうのはこの合併症によるものです。
また、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化も起きやすくなります。
さらに、神経の障害が起きるなど、体のすべてにわたって重大な疾病を引き起こす病気です。

 

 

血糖値200mg/dL以上、早期空腹時血糖値126mg/dL以上が確認された場合、
糖尿病と診断されます。