リポたんぱくとは?

コレステロールや中性脂肪は、血液中では「リポ蛋白」として存在します。

 

コレステロールや中性脂肪などの脂質は、水に溶けにくいため、血液にそのままの形で溶け込むことができません。
そこで、その周囲を血液になじみやすいたんぱく質(アポ蛋白)やリン脂質で覆った「リポたんぱく」という粒子に形を変えることで、血液に溶け込むことができます。
このように脂質とたんぱく質の複合体をリポたんぱくと呼びます。

 

 

リポたんぱくは組成によって比重や粒子のサイズが異なり、カイロミクロン、超低比重リポ蛋白(VLDL)、中間型リポ蛋白(IDL)、低比重リポ蛋白(LDL)、高比重リポ蛋白(HDL)の5種類に分類されます。

 

このリポたんぱくのうち、コレステロールを最も多く含む低比重リポ蛋白(LDL)で、肝臓で作られたコレステロールを体内の細胞に運ぶ役割を果たします。
ただ、低比重リポ蛋白(LDL)が血液中に増えすぎると血管壁の細胞内に蓄積して動脈硬化を引き起こす原因となります。
これを悪玉コレステロールとも呼びます。

 

一方、たんぱく質を多く含む高比重リポ蛋白(HDL)は、体内の各細胞で使いきれなかった余分なコレステロールや動脈壁に蓄積したコレステロールを回収して肝臓に運ぶ役割をします。
これを善玉コレステロールと呼びます。

 

つまり、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やして脂質異常を改善することが、
動脈硬化の予防になるのです。

 

 

血液検査では、リポたんぱくに含まれるコレステロール量を総コレステロール値、リポたんぱくに含まれる中性脂肪量を中性脂肪値として測定します。
血清中の脂質の基準値は、総コレステロールが220mg/dl未満、LDLコレステロールが140mg/dl未満、HDLコレステロールは男性で40以上、女性で50mg/dl以上、中性脂肪(トリグリセリド)は150mg/dl未満です。

 

血液検査で、
正常の範囲を超えていれば → 高脂血症
総コレステロール値が高ければ → 高コレステロール血症
LDLが多ければ → 高LDLコレステロール血症
中性脂肪値が高ければ → 高中性脂肪血症
と診断されます。