コレステロールと血圧の関係

高いコレステロール値は、高血圧へ進行するリスクを2~3倍増加させます。

 

高コレステロール値の人は、体の血圧を調節するしくみに作用して、高血圧へと進行する可能性が高いです。

 

ある調査では、高血圧の人の55%はコレステロール値が高めで、高コレステロール血症の人の43パーセントは血圧が高めとの報告があります。
高いコレステロール値が、レニン‐アンギオテンシン系との相互作用で、血圧を上昇させると報告されています。

 

 

血圧が上がる要因

  • 血管の内腔が狭くなることによって、血液が流れにくくなり血液の勢いが増す
  • 血管が弾力性をなくし、血液の圧力を吸収しにくくなる
  • 血液が粘り気を帯び血液が流れにくくなる
  • 激しい運動などをすることにより循環する血液量が増え血管壁にかかる圧力が高くなる
  • 寒さやストレスなどにより血管が収縮し、血液に強い圧力がかかる

 

血液中のコレステロールが増えると血管の弾力性がなくなりますので血圧が上がる原因のひとつになります。

 

高血圧症は、普段はあまり症状がなく、高血圧症にかかっていることが分からず、そのままにしておくことが多いです。高血圧症に気付かないままにしておくことは、非常に危険なことなのです。
このままにしておくと動脈硬化を促します。この動脈硬化によって心疾患、狭心症、脳出血、脳梗塞、腎臓病その他さまざまな合併症を引き起こしてしまいます。