コレステロールが多い食品

コレステロールが多い食品を紹介します。
コレステロールは、主に玉子、魚卵、肝、内臓ごと食べられる魚介類などに多く含まれています。

 

食品100g当たりのコレステロールの含有量(mg) 
卵黄1163
卵420
牛肉レバー280
鶏肉レバー370
豚肉レバー467
うに290
しらす干/微乾燥240
するめ980
ピータン680
たらこ(焼)410
粒うに280
ほたるいか(生)240
たたみいわし710
あんこうのきも560
しらす干/半乾燥390
めんたいこ280
桜えび・素干し700
すじこ510
いか(焼)380
いか(生)270
牛肉(第一胃/ミノ)240
フォアグラ650
キャビア500
煮干し550
いくら480
すじこ556
じじみ497
しらこ360
豚肉(胃/かつ)250
うなぎ(かば焼)230
び(干しえび)510
うずら卵(生)470
たらこ(生)350
エクレア250
身欠きにしん230
わかさぎの佃煮450
うなぎ(きも)430
ししゃも290
シュークリーム250
バームクーヘン228
いかの塩辛230
いかなごの佃煮280
マヨネーズ375
バター284

 

コレステロールが気になる方は摂取を控えましょう。
成人男子はコレステロールの摂取量を750mg未満、成人女子は600mg未満に抑えるようにしましょう。