HDLコレステロールとは? 特性・働き

HDLは血液中のコレステロールを運ぶリポタンパクのひとつで、善玉コレステロールの代表格です。
リポタンパクにはは、HDL(高比重リポタンパク)、LDL(低比重リポタンパク)、VLDL(超低比重リポタンパク)、カイロミクロン(乳び脂球)の4種類あります。
その内、コレステロールを主に運んでいるのがHDLとLDLで、HDLに運ばれているコレステロールをHDLコレステロール、LDLに運ばれているコレステロールをLDLコレステロールと呼んでいます。

 

HDLは体の不必要なコレステロールを回収し、肝臓に運ぶほか、血管壁に沈着したコレステロールを引き出して回収してくれます。これは動脈硬化の予防に役立ちます。

 

リポタンパク
コレステロールは脂質ですから、血液に溶け込むことは、本来できません。そこで血液になじむように姿を変えます。この姿を変える際に使われる粒子がリポタンパクです。
リポタンパクは何種類もあり、それぞれ役割も違います。

 

健康なコレステロールの流れ

悪玉と呼ばれるのは、余分に摂り過ぎたり、つくられ過ぎてしまったコレステロールを運ぶLDL(リポタンパクの一種)のこと。全身の必要な場所に必要な分のコレステロールが届けられ、必要でない分がHDLによって回収されていれば、まったく問題ありません。

 

HDLコレステロールが減ると

中性脂肪が増えることによって、このHDLコレステロール(善玉)が減少してしまいます。LDLコレステロール(悪玉)を回収するHDLコレステロールが減るということは、血液の中や、血管の壁にこびりついたコレステロールを回収できなくなりますので、動脈硬化が進むことになります。

 

HDLコレステロールをいかに増やすかということは、生活習慣病を予防するうえで大変重要なテーマになります。
改善には食生活の見直しと定期的な運動習慣が必要となります。