コレステロールが原因の病気 脳梗塞

脳梗塞は高血圧が一番の原因 コレステロールも関係あり

脳の血管に障害がおきる脳卒中の一種が脳梗塞です。脳の血管が狭くなっているところに、血のかたまりがつまって血栓となり、血液が流れなくなって脳の障害をひきおこします。

 

脳梗塞には、血栓のでき方により種類分けできます。
ひとつは脳血栓で、脳の血管に血栓ができ、つまって血流を止めててしまいます。
もうひとつは、脳以外の場所ででできた血栓が、血液の流れにのって移動し、脳の血管でつまり、血液が止まる脳塞栓です。

 

コレステロールと脳梗塞の関係

脳の血流を止めてしまう血栓のでき方のひとつにコレステロールがたまってできるものがあります。これはコレステロール値が高いとおこりやすくなります。
またコレステロールが低いときにおこる脳血栓もあります。

 

脳梗塞は、コレステロール値が高くても低くてもおきやすくなる病気です。