コレステロールが原因の病気

 

高コレステロールが原因の病気

コレステロールは血管に動脈硬化をおこす

血液中のコレステロールがふえることで体に及ぼす重大なものが、血管の弾力性がなくなり、動脈硬化を起こすことです。

 

ほかの要因が加わるとさらに危険に

動脈硬化は、老化現象としてある程度おこりますが、血液中にコレステロールが多いと動脈硬化をより促進させることになります。

 

コレステロールのほかに、動脈硬化を悪化させるものには、かたよった食事や食べ過ぎ、運動不足、肥満、ストレス、喫煙、また高血圧や糖尿病などの病気などがあります。

 

とくに食習慣では、肉が好き、野菜や海藻を食べなり、甘いものをよく食べる、お酒をよく飲むなどが高コレステロールに大きくかかわります。

 

高コレステロールが原因でおこる主な病気


 

関連ページ

コレステロールが原因の高脂血症
コレステロールが高いことが原因でおこる高脂血症。高脂血症の症状、原因、治療方法、なりやすい人はどんな人かなどわかりやすく解説。
コレステロールが原因の狭心症・心筋梗塞
コレステロールが高いことが原因でおこる狭心症・心筋梗塞。狭心症・心筋梗塞の症状、原因、治療方法、なりやすい人はどんな人かなどわかりやすく解説。
コレステロールが原因の脳梗塞
コレステロールが高いことが原因でおこる脳梗塞。脳梗塞の症状、原因、治療方法、なりやすい人はどんな人かなどわかりやすく解説。
高コレステロール血症
高コレステロール血症の原因、症状やその危険性をよく理解して対策しましょう。