コレステロールとは?その特性と働き

コレステロールは体に欠かせない脂質

コレステロールは脂肪の一種です。
脂質には、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸、コレステロールの4種類あり、
中性脂肪、リン脂質は、エネルギーの貯蓄に関係、リン脂質とコレステロールは体を構成する働きがあります。

 

人間の体内にあるコレステロールの量は、100~150gほどで脳や脊髄などの神経系や筋肉には、とくに多く含まれています。

 

体が必要とするコレステロールの量は、1日に1000~2000mgで、食べ物からの補給は300~500mgで、ほとんどが体内で合成され、主に肝臓でつくられます。

 

大量のコレステロールをつねに摂取していたり、体内の合成を調節する機能がうまく働かなくなると、コレステロールが過剰になり、肥満や生活習慣病を進めることにつながってしまいます。

 

コレステロールはホルモンなどの材料

人間の体は無数の細胞が集まって出来ていて、細胞ひとつひとつは、細胞膜に包まれています。
細胞は破壊と再生を繰り返していますが、再生のときに細胞膜の材料になるのが、コレステロールとリン脂質です。
コレステロールが不足すると細胞膜はもろくなり、細胞そのものも弱くなってしまいます。

 

また体の機能を調整する副腎皮質ホルモンや女性ホルモン、男性ホルモンなどのステロイドホルモンもコレステロールが材料です。
コレステロールは体に必要な物質なのです。